1月のイタリア料理教室を終えて その4

今月のドルチェは「芋頭椰汁西米露」でした。

誤解を招くといけませんので何度も記しておきますが、24年目を迎えた研究科ではコースの流れに合うドルチェをイタリア菓子に限らず教えております。

今年は年始の高雄@台湾で出会った味わいを再現、芋頭を手にいれるのは難しかったので里芋を使って、クリーミィでおいしいタピオカココナッツを作りました。


応用で、里芋の代わりにこし餡少々を加えて作っても(薄紫の芋頭にも通じるし…)美味しいと思います。


リチェッタのお砂糖の量ですが、60〜70gに訂正させてくださいな(前半のクラスは60gでした)。食後のお菓子にするにはもう少し?と木曜から砂糖を増量したのですが、台湾スィーツらしいほのかな甘さがよいな、と考え直しました。


レッスンではおまけで私からの皆様への高雄土産のパイナップルケーキをカットしてお一口ずつ、高雄の友人リンちゃんのお祖父様に頂いた福寿梨山茶とともに楽しんで頂きました。

青山暮らしは小売店の選択が少なくてナンでもAmazon、タピオカココナッツにもタイカレーにも、ココナッツミルク缶ではなく、私はこれを愛用しています。

La Cucina Oliva di TAMAO TANAKA

南青山で楽しく学ぶ、 おもてなしイタリア料理、西洋菓子、そしてWASHOKU。 家庭のキッチンでレストランに負けない美味しさが生まれる とっておきのレシピを教えます。 いつものおかずがおもてなし料理に変わる、季節の和食のレッスンも! 日々の食事やおもてなしを、もっと美味しく。

0コメント

  • 1000 / 1000