五月を待たずに

今年はいつまで寒い春でしたが、気温が一気にあがった夏日もあって、桜も早く散ってしまいましたね。マンションの中庭の藤の花も5月を待たずに終わりかけ、盛りを見逃してしまいました。写真↑は昨年の満開時の様子。


母校中央区立久松小学校の小さな校庭にも頌栄の下校庭にも、立派な藤棚がありました。昔はそれほど惹かれなかった花なのに、最近は、菖蒲@明治神宮の前に藤の花のやさしい紫を愛でるのを毎年楽しみにしています。


我が家のベランダの藤も先週あたりからぐーんと蔓ものばして…新芽の芽吹きも遅かったので、「すわ、枯れたのか?」と心配したけど、盆栽規模の幹なのに葉っぱだけは一人前の大きさで。「え、藤を寄せ植えに?」って驚かれますが、今年も綺麗な花が咲くといいけれど。


藤の葉っぱの下にはシダみたいにジャンボな木の芽が生い茂って…地芽にならないうちに木の芽のサイズで摘み取るようにしているのですが間に合わない。日当たりが良すぎて山椒の木は難しかったのに、今年は日陰になってちょうどよく、彼らなりに狭いプランターの中でのより良い共存方法を考えたのかな。見習わねば!

今年一番見頃をとらえたのは、青山みゆき通りの一本裏手のお寿司屋さんの店先の藤、ものすごく早い時期に満開でした。藤の花も甘い匂いがしますので、セットで大抵大きな蜂がいるのが玉に瑕、です。

La Cucina Oliva di TAMAO TANAKA

南青山で楽しく学ぶ、 おもてなしイタリア料理、西洋菓子、そしてWASHOKU。 家庭のキッチンでレストランに負けない美味しさが生まれる とっておきのレシピを教えます。 いつものおかずがおもてなし料理に変わる、季節の和食のレッスンも! 日々の食事やおもてなしを、もっと美味しく。

0コメント

  • 1000 / 1000