フジッリ・ナポリターニ

一番好きな野菜はトマトとアスパラ、甲乙つけがたい感じです。


アスパラガスは白もグリーンもそれぞれの魅力があって、毎年いろんな形でレッスン・メニューにも組み込んでいます。今年は早くも3月のパスクアのサラダにホワイトアスパラは登場させてしまったのだけど、グリーンはこれからが本番ですよね。


クチーナ・トキオネーゼの小嶋シェフに教えて頂いた「ナポリ風野菜のラグー」、今年はアスパラも加えて5月のレッスンでリニューアルしてご紹介します。イタリア料理は郷土料理の集大成、こういう家庭らしい味わいにこそ、彼の地らしい魅力がありますよね。残り野菜で作るのが基本、リチェッタはひとつの指針で、野菜はなんだっていいのです。火の入れ方や味のバランスにだけ少々気を配ってもらえれば、ね。


日本人は食に貪欲でグルメだし、国内の生産者の方たちの真面目な努力でおいしい食材にも恵まれていますが、食肉加工品に関しては欧州の歴史には敵わないなぁ、と思うことも多くって。


ナポリ風野菜のラグーの出汁のベースを支えるパンチェッタ、レッスン日のピックアップでご予約も承ります。

La Cucina Oliva di TAMAO TANAKA

南青山で楽しく学ぶ、 おもてなしイタリア料理、西洋菓子、そしてWASHOKU。 家庭のキッチンでレストランに負けない美味しさが生まれる とっておきのレシピを教えます。 いつものおかずがおもてなし料理に変わる、季節の和食のレッスンも! 日々の食事やおもてなしを、もっと美味しく。

0コメント

  • 1000 / 1000