ヒマラヤのピンクソルト

友人のネパールロケのお土産で、有名なヒマラヤのハニーハンターの蜂蜜と一緒に「ピンクソルト」をもらいました。


「料理に?だったら、お風呂にでも入れて」ということでしたから、ソルトミルがなかったしイタリア料理に使う塩はイタリアの塩を基本にしているので、翌日早速お湯をためたバスタブにいれてみました。実は新しいサンダルをおろして軽い靴ずれを作っていたので、お湯に浸かった途端に目が覚めました。因幡の白兎じゃないけれど、「イタイ!」って。


リンク先にもあるようにピンクソルトにはいろんな効果があるとされています。


試しに寝室に置いてみたところ、初日に見たのは飛行機に乗り遅れる夢、悪夢というほどではないけれどハラハラどきどき(笑)。しかし、まぁ、気のせいか、二日目からは熟睡できているような気もします。


また、浄化作用があるそうで、玄関にもグラスに入れて置いてみました。邪気や実際の湿気をとると湿ってくるのだそうですが、雨も降ったし、人の出入りの多い一週間を終えても、岩塩は溶けもせず…ゲストの皆様もハッピーなかたが多く、出入りの業者さんたちも、一口ドリンクやたまにおやつもでたりする配達先を恨むようなわけもなく…


私はそもそも脱神秘主義者(笑)、おそらくは「信じないものは救われず」で効能は?なれど、単純に自然が作り出したピンクの塩は眺めているだけでも美しい。ピンクソルトは随分久しぶりでお土産にもらったけれど、次回もまたリクエストしたいと思いましたよ。


最高の塩かどうかは?ですが、お料理にももちろん使えます。インドカレーも久しぶりに作りたくなりました。


そういえば、前回ハニーハンターの蜂蜜をもらった日、昨日生徒さんたちとご一緒したアクアパッツァの移転先、パッサージュにある中華に昼間行ったのでした。昨日も、「ここはおいしいんですか?」と一階にあるそのお店について聞かれたので、あぁ、あの日の夜はドヴァルさんたちが来たのよね〜と思い出していた。青山の礼華に行ったのは後にも先にも一度だけでしたし、この日にちょっと印象的なできごとがあったのでよく覚えていました。写真で見るとやっぱりドヴァルさんも若いですね。

La Cucina Oliva di TAMAO TANAKA

南青山で楽しく学ぶ、 おもてなしイタリア料理、西洋菓子、そしてWASHOKU。 家庭のキッチンでレストランに負けない美味しさが生まれる とっておきのレシピを教えます。 いつものおかずがおもてなし料理に変わる、季節の和食のレッスンも! 日々の食事やおもてなしを、もっと美味しく。

0コメント

  • 1000 / 1000