6月のイタリア料理教室のセコンド・ピアットは

今月のレッスンのセコンドは「活き〆穴子とそら豆の蕎麦粉のフリット」、イタリアと日本の初夏の味覚を贅沢に合わせてご紹介しますね。


今月はエミリア・ロマーニャ州モデナ原産のバルサミコを使ったコースをご案内します。そば粉をイタリアのビール酵母で発酵させて、かりっと美味しい衣を作って、同じくエミリア・ロマーニャのサーレ・ドルチェ(チェルヴィアの塩)と京都七味家本舗の香りのよい粉山椒をぱらり、マニカルディの美味しいバルサミコをたらり。


フリットの上に散らしたのはベランダの木の芽の葉っぱ、日当たりが良すぎて葉っぱも巨大化するうえ、すぐこわくなってしまうから、築地で地芽でも買おうかしら。

ウォーターマッシュルームを挟んで、こんなプレゼンも考えてみました。しかし、とにかくミニマリスト、シンプル志向なので、可愛いけれどここまでやるとウルサイかしら、とも。

日曜日も日差しが強かったですね〜。


穴子の他に初夏がおいしい鱚も揚げてはみたけれど、穴子の圧勝で…最近は都内のデパ地下でも穴子をこの時期見かけるようになりましたが、手に入らなかったら、鱚やその他白身のお魚でも復習できます。衣もね、教室ではイタリアの味を届けたいと思っているからビール酵母を使うけど、もちろんドライイーストでも大丈夫。

ガラスのお皿とアンダープレートの間にグリーンを。ベランダの植物たちにも日の目を見るチャンスを!と思ったけれど…コントルノに野菜を添えるなら今回は出番ナシかな。

知人のお母様が作ってらしたの真似てみたコレもおいしいので、和食のレッスンででもご紹介したいな。


教室のレッスン・メニューは現在のところ一期一会、体験レッスンや単回でのご参加も承っております。詳しくはインフォからお問い合わせくださいませ。

La Cucina Oliva di TAMAO TANAKA

南青山で楽しく学ぶ、 おもてなしイタリア料理、西洋菓子、そしてWASHOKU。 家庭のキッチンでレストランに負けない美味しさが生まれる とっておきのレシピを教えます。 いつものおかずがおもてなし料理に変わる、季節の和食のレッスンも! 日々の食事やおもてなしを、もっと美味しく。

0コメント

  • 1000 / 1000