阿里山鉄観音

週末はブッダボウルもお披露目する特別講座なのですが、ランチ後にご用意しているのは台湾土産の阿里山鉄観音。鉄観音は中国茶のイメージですが、もちろん大陸産ではなく、台湾木柵のそれでもなく、阿里山の鉄観音だというところが希少です。


高雄が本店のお洒落カフェ「永心鳳茶」で、食事中はいつもの梨山烏龍を頼んでみたけれど、このお店を紹介してくれた若い友人リンちゃんの選んだ鉄観音も美味しかったので、たまには違った茶葉を、と買ってみました。


仕事を終えて、大雨の中ずぶ濡れでやってきてくれたバイク通勤のリンちゃん、墾丁のグロリアマナーで知り合って以来、日本大好き!でいてくれる彼女には何かと頼りっぱなし、そして、私の台湾好きにさらに拍車がかかりました。


今回のお店もリンちゃんが教えてくれたもの、台湾でこういうカフェに入ることもなかなかなさそうなので、彼女らしい控えめな提案に飛びつきました。我々の食いしん坊ぶりをよく知っているし、お正月にリンちゃんのお姉さんの勧めでご一緒したおいしいレストランの系列店ですから安心して。お味もカフェ飯レベルじゃなく美味しかった〜。


突然決めた6月の台湾行き。


雨期だということは承知でしたが、少しでも太陽が見られるかな〜と南に下ることにしました。台南も魅力だったけど、たった2泊3日の旅でしたので新幹線の便もあるし、年末とんだハプニングで高雄に一泊することになって、4度目の高雄だったのですが(大好きな墾丁に行く前後には必ず通るので!)次は高雄だけゆっくり訪れてみたいな、と思って。


で、旅行を決めてすぐに高雄のリンちゃんにLINEをして、「もし時間があればご飯をまた一緒に」と誘ったのですが…


「今月16日と17日の出勤は朝から、夕食ならできますね。でも今は店とかなかなか浮かばない(苦笑) 良かったら行きたい店があるなら遠慮なく教えてください。

ひとつの店が思い出したのは「永心鳳茶」。H2Oホテルからちょっと距離があります(でも前回ジャストスリープ駅前館からただ車5-10分で着きます)

(こちらも中国語の文章ですが:http://nikitarh.pixnet.net/blog/post/5688797

実はこの店は前回の老新台菜と同じブランドです。お茶、料理もこだわりです。もし本当に店が浮かばないなら、一緒に夜市に簡単なB級グルメ試すもひとつの選択かもしれない(笑)

(ちなみに今16日と17日の夜は空いていますだから、お二人様がどの日が決めたらまた教えてください。二日でもいいです(笑)

日本語特訓がまた来るのがちょっと緊張ですが、またお二人様に会えるのは楽しみです!」


正式な日本語教育を受けた経験もなく、ただ日本のアニメやドラマ、歌などの文化が好きでここまで言葉を覚えてくれるるなんてすごいことですよね?リンちゃんからは、「これをキッカケに台湾に興味をもってくれる人が増えるといいな」とメールなどの一部転載を許してもらっているのでコピペしましたが、この一生懸命な感じってそのままじゃないと伝わらないし、ほんの少し間違いがあっても、情感含めて言いたいことはこちらに充分伝わりますものね。

趣のあるお店で、思わずあちこち写真を撮ってしまいました。ザ・ツーリストな私。


こんな感じで美しく整然と飾られて茶葉も売られています。

水出しを素敵に瓶詰めしたものもあって…お店で頼むと冷茶はワイングラスでサーヴィスされます。


東京のイタリアンでも例えば自由が丘のモンドなどノンアルコールドリンクで台湾烏龍をメニューにのせるお店が増えましたが、教室のレッスンでもワインを飲めないかたには大抵の場合、「上等な(ここ大事、ホントなんです!笑)」台湾烏龍をご用意しています。


いろんな都合でヴェネツィアングラスの小さなゴブレットを使っているけど、ワイングラスで出してあげられるともっと素敵ですよね。

一晩かけて水出しするという冷茶にも興味がありましたが、やっぱり温かいお茶をとりました。ガラスの急須もシンプルで素敵〜。

FB頁のみ、ホームページはないようです。今風ですね。

La Cucina Oliva di TAMAO TANAKA

南青山で楽しく学ぶ、 おもてなしイタリア料理、西洋菓子、そしてWASHOKU。 家庭のキッチンでレストランに負けない美味しさが生まれる とっておきのレシピを教えます。 いつものおかずがおもてなし料理に変わる、季節の和食のレッスンも! 日々の食事やおもてなしを、もっと美味しく。

0コメント

  • 1000 / 1000