7月のイタリア料理教室のドルチェ「九龍球」

今月のドルチェは香港スィーツの九龍球を紹介しました。

和食はもちろん、お菓子もよほど繊細な味わいのもの以外は、レッスンではミネラルたっぷり喜界島のきび砂糖を使っています。でも、試作してみたら↑やっぱり透明が今ひとつ。

ビー玉みたいな見た目のイメージも大切にしたかったから、今回はグラニュー糖で作ることにしました。アガーを使ったのでつるんとした食感が独特、そして海藻と豆からできた凝固剤なので、ビーガンの方にも美味しく復習してもらえます。

アガーならでは、生のパインとキウイ🥝、マリーゴールドの花びらを固めてみました。デザインも味も可能性はいろいろ。


無糖のマンゴーピュレとオレンジ果汁を合わせたグラニテに九龍球をのせて、余った花びらは上からもトッピング。

もちろん本場のようにシロップに浮かべても、サイダーやスプマンテをかけても目に涼しいし美味しいです。

実はもう一つ試してみたい味の組み合わせがあって、珈琲ゼリーも作ってみたのだけど、見た目で却下となりました。巨大なタピオカどころか、巨大な黒豆にも見えるとも言われてしまった(>_<)

アガーで作るキューブのコーヒーゼリーバージョン、味はおいしく食感も楽しい感じでしたので苦手じゃなければ作ってみてくださいね。

上記リンク先にアガー、ゼラチン、寒天の違いがよくまとまっています。

La Cucina Oliva di TAMAO TANAKA

南青山で楽しく学ぶ、 おもてなしイタリア料理、西洋菓子、そしてWASHOKU。 家庭のキッチンでレストランに負けない美味しさが生まれる とっておきのレシピを教えます。 いつものおかずがおもてなし料理に変わる、季節の和食のレッスンも! 日々の食事やおもてなしを、もっと美味しく。

0コメント

  • 1000 / 1000