今月のプリモとカラブリアと言えば!のンドゥイヤ

7月のイタリア料理教室のプリモ・ピアットは「スパゲッティ ンドゥイヤを加えた三種のトマトのソース」、カラブリア州特産の辛い塗るサラミ、サラミといってもペースト状でやわらかいのが特徴です。


辛いのが苦手な生徒さんもいらっしゃると思うので、リチェッタは本場の半量のンドゥイヤにして、さらに辛さをマイルドにするためにブラッティーナをトッピング!


実際イタリア人もカラブレーゼを除くと大抵辛さは苦手、でも、辛いのがOKな方は追いンドゥイヤをして、もう少しピリ辛にも挑戦してみてください。熟成した美味しい辛さで、ほんとにね、流石は唐辛子、食べてすぐに代謝があがります。

今やなんとンドゥイヤさえ、Amazonでポチれる時代、教室でも少しお値打ちにご用意できますし、生徒の皆さんの反応がよかったら、来月のセコンドのソースにも使ってみたいです。赤ワインベース、だいぶ火をいれるので辛くないけれど、苦手なかたには普通の赤ワインソースでご用意いたします。

豚フィレ、焼きもおいしのですが…

トンナート風に野菜のブロードでしっとり煮て、ソースをかけるのも美味しかった。先日のラムのケバブが好評でしたので、ラムのスヴィッツェラ(ハンバーグ風)にンドゥイヤソースも美味しそう。

タパスタは通称「神楽坂のパスタ」こと、「ヴェッリーニ」のスパゲッティ、神楽坂のタルタルギーナの濱崎シェフに教えてもらったのですが、おそらく日本に輸入されている中で一番太めのスパゲッティです。教室では業務用1キロを使っているけど、Amazonでもポチれる、と書こうと思ったら欠品中、現在リングイネだけみたいですね。青山の紀ノ国屋で売っていますし、包装がそっけないぶん1キロのほうがお値打ちなので、気に入った方は「ナンでもノート」でご注文を承ります。

下記リンク先で気になった言葉、「豚仕事」。シチリアの田舎でもよく聞きますが、南イタリアの人たちは豚の命をもらったら、いかに美味しく無駄なく使いきるかを真剣に考えますよね。これもその地に根付いた食文化です。

La Cucina Oliva di TAMAO TANAKA

南青山で楽しく学ぶ、 おもてなしイタリア料理、西洋菓子、そしてWASHOKU。 家庭のキッチンでレストランに負けない美味しさが生まれる とっておきのレシピを教えます。 いつものおかずがおもてなし料理に変わる、季節の和食のレッスンも! 日々の食事やおもてなしを、もっと美味しく。

0コメント

  • 1000 / 1000