「教室のテリーヌ型」と久しぶりのMTG再会

お天気になるかと思ったら、少し肌寒い週末でした。


レッスンの片付けも終えた日曜はお休みで、久しぶりにMTG(ミス田中グループ)が集まって、レッスンの残りものいろいろ&手土産のパンや珈琲で簡単なランチを楽しみました。


「野菜のテリーヌ」↑の写真はUちゃんに借りたもの、緑の野菜は少し色落ち(→塩気によって)しちゃうけど、それでもおいしそうですよね?ピスタチオ・チップもたっぷりふって盛り付けると昨日も歓声があがりました。

ミス田中グループといっても年若い2人はお子さんもいるマダムとなって、揃って会うのは本当に久しぶり。葉山マダムのRちゃんは都内のご実家に帰省のたびに寄ってくれるのですが、日曜にくることが決まったのはほんの数日前、勢いにのって男の子二児の育児に奮闘中のUちゃんも誘ってみたら、来られることになってよかったです。


一番年下のUちゃんの結婚から始まって、Rちゃんと2人の「MTC(ミス田中コンビ)」となり、実際のところは今やただの「ミス田中」なのですが(笑)、一応いまだにMTGを名乗っています。


そもそも年齢もバラバラ、仕事や立場もバラバラな私たちでしたが、「粘着質なところがない」「笑う門には福」「長いものにはまかれろ」などよくわからない会員ルール?、共通点があり、今でもね、LINEはただスタンプ専門だったり、他にもいろいろ、同じようなことをしていて笑ってしまいました。


そう、もうとにかくよく笑った週末、「楽しかったからまた近々会いましょう」と次回は鎌倉か横浜で会おうと誓って解散。



配達の業者さんやらいろいろ差し上げていたら、あまりがそんなになかったので、昨日の朝もバーチ・ディ・ダーマの生地をFPでががっと作って、2時間だけ休ませて焼成しました。ゲストの顔を見てからヴァローナをサンドして。

「お子さんたちに」と少しお土産でもたせたら、いずれのお家でも夕飯のあとに楽しんでくれて、「大好評」「すぐに完売!」と。「バーチ・ディ・ダーマ」は老若男女に人気のお菓子ですが、あら目のきび砂糖のザクっとした感じとやさしい甘さ、少しにが目のチョコレートがよく合って。

空前の食パンブームだそうですが、青山のセントルベーカリーはまだまだ穴場で、土日の夕方でも角食は並ばずに買えます。


念のため電話で在庫を確認してから「買って帰りたい」というMTG2人をお店に案内、明治神宮前までRちゃんを送って、いつものネスパスで野菜を買って帰宅しました。表参道ヒルズに移ったヴァレンティノのヴァレンティノ・レッドが目をひいてパチリ!


昨日は流石に表参道近辺は人手がでてましたねぇ。


そして、忘れないうちにご紹介しておきます。

教室で肉や野菜のテリーヌを作るときに使っているのはこちらのパイレックスです。リンク先のデータによると、サイズは幅255×奥行き125×高さ70ミリということですが、1400cc容量。


「置き場所が」って友人が迷っていたけど、「普段はハンカチ入れたり収納にして使ったら(笑)」と半ば冗談、半分本気でアドバイスしました。パテ・ド・カンパーニュもこのサイズで焼くと豪華です。

こちらのサイズは900cc程度容量、お好みや家族構成によっては小さめもよいかもですね。

La Cucina Oliva di TAMAO TANAKA

南青山で楽しく学ぶ、 おもてなしイタリア料理、西洋菓子、そして和食。 家庭のキッチンでレストランに負けない美味しさが生まれる とっておきのレシピを教えます。 いつものおかずがおもてなし料理に変わる、季節の和食のレッスンも! 日々の食事やおもてなしを、もっと美味しく。

0コメント

  • 1000 / 1000