6月の和食のレッスンを終えて

6月の和食のレッスン「割烹田なか」はこんな感じのメニューでした。料理写真をまとめておきます。

夏の定番とうもろこしご飯、今年は実山椒の塩漬けを混ぜ込んで、ちょっぴり大人なアレンジで。


唐辛子の辛さより山椒の辛さが好きなので、この時期一年分の実山椒を水煮にしたり、塩漬けにしたり。リチェッタを参考に皆さんもお家で塩漬け作ってみてください。結構便利ですよ。

鰯に梅煮と迷ったけれど、おでんの具にもできますし、「鰯のつみれ椀」をご紹介しました。イタリアンのセコンド同様に鯵で作っても美味。


これもまたつなぎが少ない配合なので、おでんの具にするときは、お好みで卵白を少し加えるとおいしいですよ。九条葱たっぷりでつみれ鍋にしてもおいしい。


青ゆず、すだち、かぼすなど、青い柑橘がよく合います。

これは試作で、ししとうと万願寺唐辛子、どちらがいいかな、って。


もちろん予想通り万願寺唐辛子に軍配があがりましたが(ししとうのほうが手に入りやすいかと思って候補にしてみたのです…)、とうもろこしと実山椒だけで充分おいしかったかも。引き算が大事ですね。


実山椒を加えたのは南米の料理からの発想で、近年コーンがとても甘いので少しピリッと味を締めたいなと思ったから。実山椒を加えず、青唐辛子を炒めて少し加えてもよいのかも。万願寺唐辛子はわかりやすくそのままのせましたが、カットして加えてください。



「鰹とわかめのサラダ仕立て」はもりもり食べられる家庭向けの味付けです。実家の鰹のサラダのドレッシングを引き継いで、ごま油がポイント!


いつもは葉野菜やトマト、きゅうりで作るけど、今年はわかめと塩もみしたきゅうりで。

こちらも夏の定番、「トマトの出汁浸し」には、カラフルトマトを使ってみました。


なんとなく酢の物が欲しかったのでおまけのメニューです。

濃い目にひいた合わせだしに、砂糖、醤油、塩少々、米酢もお好みで。薄味の南蛮漬けのたれのような感じ。

トマトの旨味がプラスされた出汁ものみきって頂きたかったのに…器は選択ミスで!(苦笑)


そもそも和の献立に馴染ませるにはカラフル過ぎ、普段の和食は茶色い食卓になりがちなので、そういうときに作ってみてください。

久しぶりに作った肉じゃが。母は代々東京の江戸っ子だったのに、なぜか肉じゃがは牛肉で。


家庭料理はちゃんとおいしさを感じられる程度にぎりぎり薄味で、出汁をきかせて塩分は控えめに、と思っています。


残った肉じゃがはどうしても味が濃くなるので、翌日オムレツにしたり、トマトを加えて牛丼に展開したり

白が無難な献立でしたが、肉じゃがに合わせて赤もご用意して。

関東でもだいぶ普通にみかけるようになった穴子は夏の魚です。


復習は焼き穴子を買ってくるか、新蓮根だけでもおいしくできると思うのですが…「穴子と新蓮根の茶碗蒸し」、穴子のツメとわさびを少々添えて。

7月の「割烹田なか」は夏の講座で、鮎ご飯などを教えます。レッスン日は、27日(モク)、28日(金)を予定しています。

La Cucina Oliva di TAMAO TANAKA

南青山で楽しく学ぶ、 おもてなしイタリア料理、西洋菓子、そして和食。 家庭のキッチンでレストランに負けない美味しさが生まれる とっておきのレシピを教えます。 いつものおかずがおもてなし料理に変わる、季節の和食のレッスンも! 日々の食事やおもてなしを、もっと美味しく。

0コメント

  • 1000 / 1000