「酒井千佳さんの陶芸ワークショップ」初回を終えて

雨模様の日曜日でしたが、昨日は「酒井千佳さんの陶芸ワークショップ」でした。


初回は成形、次回素焼きしたものに色付けしたり絵を(描きたい方は)描いたり、二回の講座で各自小さな器を仕上げます。


トップの写真↑の器は全て陶芸歴7年目の千佳さんの作品、手前のブルーのオーバルの器が、「一緒に仕事をしてみたいなぁ」と思ったキッカケになったもの。最初にお会いしたときに、「少し高さのあるオーバルの器があったら、素敵だと思うんですよね〜」とお話したら、しばらくしてすぐに「作ってみました」と素焼き前の画像が送られてきて…嬉しくなりました。


酒井さんはフリーアナウンサーとしてご活躍ですが、生徒の皆様はよくご存知のように私はTVを殆ど見ないため大変失礼ながら存じ上げませんでした。でも、丁寧なメールを頂戴して好感をもったのでお会いしてみることにしたのです。人気も頷ける素敵なお人柄でますます好感を持ちましたが、とはいっても、器を増やすことには自身も後ろ向きでしたし(苦笑)、生徒の皆さんにもきっとそんな気持ちもあるかしら、と。


普通のお皿は家族で住んでいらしたら4〜5枚揃って欲しいところですが、食卓に表情をだせる高さのある器であれば、ひとつだけ手作りでしてみてもいいのかも?と。実際は、初回から大作に挑むのはあまりにハードルが高いですから(笑)、箸置きならぬ「カトラリーレスト」を提案したのですが、参加希望のかたの声も伺って、最終的には大きさに制限を設けて自由に作って頂きました。


陶芸の行程が全くよくわかっていなかったけれど、当日は使えるかもしれないクッキー型を用意してビニールクロスを敷いて待機!

「教室が会場のほうがリラックスできるかしら」と考えて、お願いして、二回とも教室にいらして頂けることになって、道具をセットして頂いてからスタート。


当初自分はあくまで会場提供&軽食担当で陶芸にトライする気はなくて、千佳さんの陶芸愛への応援と日頃お世話になっている生徒さんへのサービスの一環のつもりでした。しかしメールでやりとりしたり、生徒さんへのプレゼンを兼ねて作品をお借りしたり、いろいろお話を伺っているうちに、私も創作意欲が沸いてきて前日下絵まで描きましたよ(笑)。結局のところ普段のレッスン同様に、生徒さんには先生の熱意にお付き合い頂く感じになってしまったような気もいたします(再笑)。

言い出しっぺなんとやら、ではないのですが、根気にかける私に6つも同じ形のカトラリーレストを作るのは無理そうな気がして…


縁にパールのようなボールをつけたアクセサリートレイを一枚作りました。たまたま同じデザインを考えてらして生徒さんがいて、偶然で可笑しかった。植木鉢トレイに挑んだ友人はプロの漫画家さんなのですが、やっぱり創作への意欲、こだわりが違うなぁって。ウェブデザイナーのせりあさんだけは、私の提案どおりに、ちゃんと参考写真まで持参してカトラリーレストを作ってくれました。朝食用の「焼海苔のお皿」を作った生徒さんもいらして、テーマを聞いただけでもそれぞれの個性が感じられました。


私はというと…パールの玉は粘土を計りではかって作ったわりに、後は型抜きでラクをして葉っぱの箸置きを。

完成した参加者の作品と酒井千佳さん。


わかりやすい説明&簡単なデモンストレーションを受けた後は各自思いのままに実習。やさしい先生で、ほぼ初心者の私たち生徒にも自由を与えてくれて、好きなように作らせてくださったのが何よりでした。モノづくりって、結局は自己表現でもあるために、のびのび楽しんでもらえたようでよかった。

作業の前に記念撮影を!可愛い型抜きとともにさっとポーズをとる千佳さんと、何をもっていいのかわからず麺棒をもちあげるワタクシ…

「軽食」と謳ったので控えめに盛ったチリコンカンも皆様おかわりで、試作品ABのコーンブレッドも好評でした。

千佳さんからも写真を送って頂いて↑。


私も記念に撮ったスナップを↓送りました。続けて撮った写真は二枚目の笑顔が好きですが、雨模様で前夜ふきんの部屋干しに使った扇風機が大きな存在感を醸し出してしまってなんとも残念(苦笑)!!

おまけのドルチェは「マンゴーソースのパンナコッタ」、第2回目もお楽しみに!

陶芸の魅力を広めるべく立ち上げたご自身の会社のサイト↑、いろんなワークショップやイベントをされています。

La Cucina Oliva di TAMAO TANAKA

南青山で楽しく学ぶ、 おもてなしイタリア料理、西洋菓子、そして和食。 家庭のキッチンでレストランに負けない美味しさが生まれる とっておきのレシピを教えます。 いつものおかずがおもてなし料理に変わる、季節の和食のレッスンも! 日々の食事やおもてなしを、もっと美味しく。

0コメント

  • 1000 / 1000