今週のフラワーと


今週のフラワーはこんな感じで…夏は繊細な花はなかなかもたないせいか、近くの花屋さんは今週も百合フェアで…どんな花にも香りはもちろんあるけれど、百合は華やかな印象通りで香りもとても強くて、食卓に置くのは難しい。


結局月並みなクルクマとデンファレ(蘭の一種)になってしまったけど、白×グリーンは多くの人に好かれる色の組み合わせ、たまには爽やかでよいですよね〜。


そうそう、香りといえば、今週のブルスケッタもニンニクは控えめなのですが、私は北イタリアで料理を学んだせいか、イタリア料理にそんなににんにくを使いません。2つ通っていた料理学校でも、個人レッスンで通ったヨランダ先生もそんなににんにくを使わなかった。


下記リンク先にあるように、私の周囲のイタリア人もたっぷりのにんにくは苦手!という人が多く、イタリアを歩いていても日本のパスタ専門チェーンの前でときに香ってくるような強烈なガーリック臭ってまず嗅ぐことはない。


私の場合は、(特に生の)にんにくの匂いが少し苦手で、たくさん食べると胃もたれするから、というのが避ける理由なのですが、「イタリアの方たちに料理を出してもおいしいと言ってもらえる」ことを目指しているために、レッスンでも欧州産のにんにくを使い、多くの場合は潰したものでオイルに香りをだすだけ(準備がラクなのもあるけれど笑、香りが強く出る&焦げやすいみじん切りは最近殆ど使っていません)。


でも、身体に合えば復習はお好みに応じて、もっと+してももちろんOKですよ。思うにアジア人全般の胃腸はにんにくに耐性があるような気がします。本場を知った上で、私たちは外国人ですからね、家族がおいしく食べるのが大事、その辺は臨機応変にどうぞ!


このところ天気が悪く、一日中、朝なのか夕方なのか、わからないような日々ですね〜。


暑くて起きてしまうどころか肌寒いくらい、朝も明るくならないから、少し寝坊して、6時半に豊洲のアオモノさんにオーダーの忘れもの追加を電話して、ちょっとのんびり。こんな天気だとベランダの子たちにもたくさん水やりしないで済みますし、よいこともあるけど、そろそろお日様や青空が恋しいな。


晴れていたらもっと明るく撮れるのだけど…



花を生けてナプキンを選んでこうしてテーブルを調えている時間が休憩になる。日本人だなぁ〜とつくづく思うことも増えたし台湾LOVEもホントのことですが、一番表現しやすいのは私の中の(おそらく)ヨーロッパ的なもの。


洋画好きの母に育てられ、記憶にある子供の頃から完璧な西洋かぶれ。兄も交えてたまにゴジラを観に行くほかは、ディズニーのアニメしか観せてもらえなかった。浦島太郎も読みましたがw、絵本や童話も欧米のものばかり、イタリアーナの友人にも、「貴女はヨーロッパ人だから(笑)」と何かとからかわれる所以はその辺りから?。



昨日の夕方いけたときよりも(↑)、一夜明けて、やっぱりのびのび大きくなっている(↓)笑。


自由な感じが好きなので、みんなも期待に応えてくれているのね。

あと、もうひとつ、イタリアの人たちと話をしていて、やっぱり私ってちょっとイタリア的なのねって思うのは(おかしな発言ですみません!)、2つ目のリンク先↑に書かれているのと同じような理由で、そんなに外食に積極的ではないこと。子育て中で大変とか、仕事が多忙とか、日本の場合だと作るとかえって不経済だとか、いろいろ仕方ない場合もありますし、外食の楽しみを自分だって享受していますけど、幸い仕事が仕事だけに。

母やマロンの闘病をみていて自分にはとても乗り越えられないと思ったので、健康維持のためにもなるべくであれば家のご飯が一番安心。でも、たまには誰かが作ったものを食べたいので信用できる料理人さんのところに出向きますが、本当は料理上手な友達か家族がそういうときにいて欲しい。


今度教室で各自持ち寄りポットラックでもしましょうかね(と生徒の皆様に暗にプレッシャーをかけて、仕事に戻ります 笑)。

La Cucina Oliva di TAMAO TANAKA

南青山で楽しく学ぶ、 おもてなしイタリア料理、西洋菓子、そして和食。 家庭のキッチンでレストランに負けない美味しさが生まれる とっておきのレシピを教えます。 いつものおかずがおもてなし料理に変わる、季節の和食のレッスンも! 日々の食事やおもてなしを、もっと美味しく。

0コメント

  • 1000 / 1000