2019年7月のイタリア料理教室 料理写真まとめ


7月のイタリア料理教室の料理写真をまとめておきます。


スターターは、「トマトのブルスケッタ」。


レッスンでは料理の文化的背景や歴史なども紹介していますが、米国にはブルスケッタという名前の瓶詰めがあるなんて!私も今回初めて知りました。


豆知識だけど、オリーブ農家がオリーブオイルの出来をはかるためにパンにオリーブオイルを塗ったのがブルスケッタの始まり、ローマができた頃にはブルスケッタがあった、と言われています。


パーネ・トスカーノに近い、手のひらサイズのパンを探して…と言っても、現在青山界隈パン屋さんもほぼ一択、今月は「ブレッドワークス」のカンパーニュを1㌢スライスしてもらいました。レッスンでは縦半分に切って。


トマトは冷蔵庫に入れると甘さが落ちるので、届いたファン・ゴッホは使う寸前まで室温(といっても、暑い日は冷房入ですが…)で追熟し。


プリモは「ナポリ風パスタ・エ・ファジョーリ」、夏が旬のコッツェ(ムール)をたっぷり入れました。


仕入れのトラブルその1で2.3キロ袋を倍量とらざるを得なかったから、バタバタする初日だけではなく全クラスの生徒の皆様に増量で還元できました。前の週からよくよく頼んでいただけにショックも大きく…でも、たくさん出せたと考えると結果はよかったわけですね。何事も物事の明るい面をみないといけません(苦笑)。


レッスン用はイタリアの乾物を煮ましたが…試作と週末のおもてなしはイタリアの水煮を利用、それでもおいしくできました。


ちびまる子ちゃん一家、と思ったのは私だけではなかった、年内限定ドルチェ&ガッパーナデザインのスペシャルパッケージのディ・マルティーノ社の「ミスタ・コルタ」はプチギフトにもぴったり。


詳しいことは、こちらから




ショートパスタは空洞があったりするのでかさが出るものだけど、特に「ミスタコルタ」はいろんなかたちが入っているため、レッスンでは1人30gほどで出しましたが結構なボリュームにみえますね。アルデンテにこだわるタイプのプリモではありませんし、おもてなしで大勢のぶんを用意するのにもぴったりか、と思います。


水煮缶だけでもよいのですが…頑張れたら、少しフレッシュトマトが入ると美味しい。木曜朝は少し(フレッシュトマトを)煮詰めすぎてしまいましたが、ほんのりトマト色が正解です。


味わいはだいぶ変わってしまうけど、あさりや蛤でも復習して頂けます。蛤のトマトソースも案外新鮮でおいしいと思います。出汁は足りなくなるけれど、ホタテや海老でも(=その場合、半分はミンチにしてソースでしっかり煮込んじゃうとよいですね)。


「サルヴィア・フリッタ」も教えたかったけど…試食の総カロリーがあがり過ぎてしまうから、またの機会に譲って。


トラブルその2のお蔭で、生徒の皆様にはたっぷりファッソーネを楽しんで頂けました。


金曜夜クラスの方にはさらに増量でお詫びしましたが、まさかのミスでごめんなさい!



そうそう、スターターには「茄子のフリッタータ」もご用意しました。熱々のほかに冷えたものも試食して頂きたかったから、あらかじめ焼いておきましたが、時間がある木曜朝はデモンストレーションもして、意外に皆様にも気づきがあったようでよかった。


教室では豊洲のアオモノさんに頼んで、鶏やさんからサルモネラ菌フリーの鶏卵を使っています。が、最近L玉が小さくなったような気がするのは私だけ?


卵液のグラムも出しておきましたが、このリチェッタの場合はあくまで目安。具材もね、基礎科のメニューにした飴色玉ねぎ入りもおいしいですし、また茄子同様夏野菜のズッキーニだけで作っても美味。


炒めた茄子が残っていたので週末もささっと焼いて作ったのです(↑/写真は友人撮影)が、老若男女に好かれるメニューですよね。



湿度が辛かったのか、月曜に買ってきた花材がダウンしてしまって…金曜朝には残ったデンファレとベランダのアジアンタムで模様替え。


ドルチェは「マサラチャイのパンナコッタ マンゴーのソース添え」、生クリームが苦手なイタリアーナの友人にも、「これ、貴女が考えたの?」と(=そう、どこかで食べたわけではなくて、インド料理講座のあとで陶芸レッスンでドルチェを出して、思いついたのです)。「 La panna cotta è stata una novità molto interessante」と高評価でしたが、マンゴーとチャイの組み合わせが新鮮でしたね。


パンナコッタの砂糖や茶葉の量はお好みで増量してください。また、普通のパンナコッタのように、生クリームを立てなくてもOKです。レッスンでは38%の純生をゆるく立てて空気を抱き込ませることで、(コースの後の食後のお菓子なので)少量でも満足感をだせるように考えました。




ストレートで出したマサラティに砂糖を加えればグラニテにも…たくさん作るときは、ストレートティを製氷皿で固めて、少しシロップを加えつつ、FPにかけるとラクチンです。



今朝のフラワー、この人達もよく頑張りました。


La Cucina Oliva di TAMAO TANAKA

南青山で楽しく学ぶ、 おもてなしイタリア料理、西洋菓子、そして和食。 家庭のキッチンでレストランに負けない美味しさが生まれる とっておきのレシピを教えます。 いつものおかずがおもてなし料理に変わる、季節の和食のレッスンも! 日々の食事やおもてなしを、もっと美味しく。

0コメント

  • 1000 / 1000