ローマといえば


今月のセコンド・ピアット「サルティンボッカ」の正式名称は「サルティンボッカ・アッラ・ロマーナ(ローマ風)」、中部ラッツィオ州、イタリアの首都でもあるローマの郷土料理です。


金曜夜はまさかの生ハム切れで、本当に申し訳ありませんでした。夢をみているような気持ちでしたが、よく眠って日曜の朝になって中問屋さんとのオーダーの電話の詳細を思い出し、オーダーしたことは確かなのですが、前半使った生ハムはちょっと味が強かったから、24ヶ月熟成が届いてしまったのかしら?と確認し、「18ヶ月熟成のものでいいです」を「ならいいです(=要らないの意味)」にとられてしまったのか…いずれにせよ、コッツェ(ムール)のことでトラブルがあったため、木曜の受け取りの際にチェックが甘かった。私の責任です、ごめんなさい!

でも、オーダーはしていたことがわかって、ちょっと自分的にはほっとしました。


レッスン開始20分前、デモンストレーションの見本以外のサルティンボッカの下準備をしようとして、新しく1パックあるはずの生ハムがないことに気がついて、紀ノ国屋に走るには時間がなく。すでに金曜!のチェーナの時間となっていましたし、5分迷って、恐縮しつつも、お近くの兄弟子のリストランテに電話しました。しかし、プーリア料理の直球勝負なだけにおいしい首肉カポコッロはあれど生ハムの在庫はなく…。

無事に?サルヴィアバター&ファッソーネ増量でレッスンをのりきって、終わってから、「とんでもない時間にとんでもない問い合わせをして…」と再び謝罪すると、「今日は力になれなくてゴメン😢〜〜〜〜〜😁 この仕事は冷静に考えると材料が複雑だからね😉 なんとかなったならよいのだけれど...(あまりのやさしさに感動して、一部転載)」と、いつもたくさん助けて頂いていて、絶体絶命を何度救って頂いたことか…


復習は〜〜で代用となってしまってもレッスンでは本場の味にこだわるがゆえのことなのですが(=すべて言い訳…)、仕入れ発注と受け取りのダブルチェックさえ怠らなければホンモノのイタリア料理の再現ができるようになったのも、全てはイタリア料理業界の料理人の皆様のお力添えあってのこと。


初参加のかたもいらっしゃるのにあまりにあまりでは?とは落ち込みかけたけれど、正直に謝ってスタートした金曜夜のレッスンも楽しく進んで、皆さんイタリア好きのかただったこともあって大目に見てくださって。過去にイタリアを一緒に旅した友人参加もあったから、レッスン中に、少し脱線して、この秋久しぶりに訪れる予定のローマの話なども。


「こんにちは、ひょっとしてフリッセレはありますか?(イタリア語で)」と尋ねつつ歩いたローマ、この記事にも兄弟子のお言葉が↓…




気に入っていた店の最新情報を調べるために、店名をうろ覚えだったから、エキサイトBlog内の検索機能を使って、「ローマ」と入れたらいろいろヒット、しかし、Blogに残しておかないと何年も前のビリエッティーニ(お店のカード)を保管するなんて、なんでも捨てちゃう私にはできないことで、ちゃんと記載しておくのだったと後悔しました。


見つからなかったのが残念ですが、もう一軒、気に入ったユダヤ人街のお店(こちらは名前を覚えていますが、評判下降中みたいなので書かないほうが…)の評判も???みたいですし、旅先での貴重な一食を外さないよう、ローマに関しては信頼できる方に問い合わせ中。


「イタリアはどこで食べても美味しい」とはよく言われることですが、そんなこともなくて、ヴェネツィア、フィレンツェ、ローマのような観光都市では(紹介した順にひどいと思う=私感)、ツーリスティックで、高い割にお味は?な店も生き残っていますので。


タビトモはるやんが熱弁していたこと、Blog↑にも書いていました。確かに、なぜか明るい時間からワカモノがどんどんやってきて、しまいには隣の店から椅子を借り入れていました。やっぱりこうして徒然でも旅日記を書いておくと、そのときの記憶が鮮やかに蘇り、何度でも楽しめてよいものですね〜。


リンク先の珈琲だけは、30年以上前の初イタリア、大学の卒業旅行のときから変わらずの名店、たぶんいずれも今もおいしいはず。写真は日曜のランチに招いた友人の手土産、雑司が谷のリールの珈琲豆ですが、最終日のローマでレッスンの食後にお出しする珈琲は必ず買ってこようと思っています。

La Cucina Oliva di TAMAO TANAKA

南青山で楽しく学ぶ、 おもてなしイタリア料理、西洋菓子、そして和食。 家庭のキッチンでレストランに負けない美味しさが生まれる とっておきのレシピを教えます。 いつものおかずがおもてなし料理に変わる、季節の和食のレッスンも! 日々の食事やおもてなしを、もっと美味しく。

0コメント

  • 1000 / 1000