2020年1月のイタリア料理教室 料理写真まとめ

明日から2月のレッスンがスタートしますが、その前に1月のイタリア料理教室の料理写真をまとめておきますね。


スターターは、「自家製コンソメ」と「アボカドとゴルゴンゾーラのクリームのクロスティーニ」、クロスティーニには静岡の長谷川農園のマッシュルームをすりおろしてアクセントにしています。

続くプリモは、サルデーニャの手打ちパスタ、「マッロレッドゥス」を2種のソースで、ひとつはクリームベース、コンソメ作りの副産物、茹で鶏、イタリア栗、マッシュルームを具材にして。

2つ目のソースは、カルチョーフィ(アーティチョーク)とツナ、トマトソースはピリ辛に。


1月も昼間のクラスは友人が手伝いにきてくれたので、気が遠くなる量の(苦笑)マッロレッドゥスも綺麗に揃ったかたちで準備できました。

セコンドは、「スペックを巻いた松坂ポーク ポロ葱のヴェルッタータ」。


近年イタリアの洒落たリストランテでは、トレンティーノ・アルト・アディジェに限らず、生ハムの代わりにスペックを使うことが多いので、年末に続いてスペックを紹介しました。

ドルチェはリピートメニューの「抹茶のアフォガート」と、小菓子のアーモンドショコラ。


黒チョコ×ココアのほかに、ホワイトチョコ×抹茶もおすすめです。

簡単だけど、チョコレートはヴァローナ奮発して、アーモンドを炒る一手間かければ、おいしいショコラが。

サルデーニャのワインも各種揃えて。

動画↓はチキンコンソメですが、鶏のブロードを用意した後、こんな感じに野菜も牛肉もFPにかけてしまえば、コンソメ作り、だいぶラクになりますね。


暖冬ですが今年も2月は寒さが厳しい様子、こんな時こそ美味しいコンソメ、ぜひ作ってみてください。

La Cucina Oliva di TAMAO TANAKA

南青山で楽しく学ぶ、 おもてなしイタリア料理、西洋菓子、そして和食。 家庭のキッチンでレストランに負けない美味しさが生まれる とっておきのレシピを教えます。 いつものおかずがおもてなし料理に変わる、季節の和食のレッスンも! 日々の食事やおもてなしを、もっと美味しく。

0コメント

  • 1000 / 1000