春の雪降る日曜に

外出自粛の東京は朝から予報どおりに雪。降り始めってこんなふうなんだぁ、と雨がみぞれに変わってまっすぐに落ちてきて、そのうち大きな白い雪が混ざる様子をしばし眺めてしまいました。


4月のイタリア料理教室のレッスン日は一週間延期し15〜18日を予定、引き続き、各クラス4名に定員を減らして、スペースをとってのカウンターでの試食を考えております。しかし、来月からしばし東京も首都封鎖になるのかな、という覚悟もしていますので、とにかく週明けの発表も待って、変更があった場合はすぐにまたご連絡差し上げますね。


先週は代官山ファロ樫村シェフの特別レッスンVol3、無事催行できて本当によかったです。明日またBlogで当日の料理写真もまとめておきますが、今日はお休み気分でノンビリしているので、最近のご贔屓チョン・ヨンフンくんのことを。


いくつかのクラスで話題にしたのですが、料理のクラスでは詳しく説明している場合ではなく、魅力が伝わらなかったと思う。私もね、特別な趣味の持ち主ではないのでこんなに若い人とどうこうなりたいわけでは全くない(なれるわけもないけど笑)。ただ、今どきの俳優さんも殆ど知らないし、ジャニーズや宝塚、歌舞伎にもこれといったご贔屓がいなくて、さびしかったので。昨秋イタリアを旅したときに、(相当オトナ)女子3人の長旅ですしヒマもあるから、他の2人が「吉沢亮がかっこいい」とかいろいろ盛り上がっていても、私はその顔すらわからないわけで、何か気になるタレントさんとか見つけようかって。


年末年始は風邪で寝込んでしまい、本も読めないし、あまり頭を使わずにみられるオーディション番組を、今では殆どなくなってしまった歌謡番組でも流す感じで見始めて。最初はね、オープニングでセンターをはっている北尻蓮くんの踊りがうまい!と注目して、ところどころ飛ばしつつ眺めていた(申し訳ないのですが、韓国版プデュと違って日本版は一般参加も多いので、最初の頃のパフォーマンスを全て見るのはすこし辛い)のですが。

「こんな壮大な絵巻ものみたいの全部はとても見られない」と思っていたけど、同じ夢をもっている若い人同士、国を超えて仲良くなるとか、お互い切磋琢磨し合う様子が、私の心に響いたのかもしれない。自分も20代半ばで一人イタリアに海外留学をし、今よりもっと彼の地で日本人が珍しい状況の中、「国をこえて、やっぱりいい人はいい人だって通じる、皆にわかるものなのだな」と実感したわけだけど(逆にいうと、変な人も全国共通変な人で一定数はいるものですが…)、競争の激しい韓国からきたハロアゲの3人、リーダーシップもあってすごく人柄がよくて。他の子たちも、残念ながら若者が大きな夢を描きずらい世の中なのに、夢を売るような仕事を目指すってすごいなぁとも。


というわけで、「オシ(っていうらしい)」がせっかくできたのに、レッスンでちらっと紹介すると皆さんネットですぐに画像検索、結構激しくダメ出しされちゃいましたが(苦笑)、ヨンフンくんの魅力は顔だけじゃないんですよねぇ。ほぼ完璧なパフォーマンスと普段のあまりにばかばかしい面白さのギャップです(笑)。


初登場シーン、10:09あたりで登場しますが、食べることが相当好きらしいヨンフン君は当初ぽっちゃり。ハロアゲ3人のうち1人だけB判定を受ける、その基準はよくわからないものだったけど、年齢が高いことがマイナスだったのか、身体が絞りきれてないことがいけなかったのか、それともある程度は番組の演出なのかな?


で、そこからCにまた落とされるのですが、決して腐らずに、「頑張りましょ」と周囲の練習生を励まして、いつも明るく大きな声で。


BTSのファイヤーとオリジナル曲ドミノ。

と、次回質問が出た場合にはこの頁を紹介すれば、少しは「ふーん」ってなるでしょうか笑。


プデュJAPANでは練習生たちのお兄さんとして、すごく頼られる存在ですが、若かりし頃のオウン@HALO(=ヨンフン君)、どなたかもコメントされていますけど、ファンの嬌声に1:09、ものすごく嫌な顔をしてる(正直で、私はそこにかなり好感もったのですが〜笑)…タレントさんたちには自由がないし、いつも見られている。HALOも解散前にもいろいろ叩かれたりあったようだけど、そういうことを乗り越えて今の人間性が培われたのでしょうね。



La Cucina Oliva di TAMAO TANAKA

南青山で楽しく学ぶ、 おもてなしイタリア料理、西洋菓子、そして和食。 家庭のキッチンでレストランに負けない美味しさが生まれる とっておきのレシピを教えます。 いつものおかずがおもてなし料理に変わる、季節の和食のレッスンも! 日々の食事やおもてなしを、もっと美味しく。

0コメント

  • 1000 / 1000