代官山ファロ 樫村シェフの「春きゃべつとアンチョビのパスタ ぶっかけスタイル」

先週樫村シェフの出張料理教室を終えて…定員を減らし、じゅうぶん気をつけつつも、笑顔いっぱいで楽しい時間が過ごせてよかったです。


ご参加の皆様からおいしそうな写真もたくさん頂いたので全て書こうとすると長くなるから、取り急ぎ、本日水曜22時からインスタライブもある「ぶっかけスタイル」について写真をまとめておきます。




日本橋室町のラ・ボンヌ・ターブルの中村シェフのインスタライブ内でご覧頂けるようです。自由が丘モンドの宮木シェフとの「春キャベツとアンチョビのパスタ対決!」だそうですよ〜、面白そう!


皆で無理なく、できることを粛々と。


シェフの定番とはいえ書き下ろしのリチェッタが、家にいる時間が必然的に多くなるたくさんの皆さんの役に立つって素敵なことですよね。

オイルベースのパスタって本当は一番むずかしいと思うのですが、ぶっかけスタイルは失敗がなく、大勢の分も、1人前も、いずれも準備しやすい点も魅力。

いわしの燻製風味のフリットときゃべつのスパイシーサラダを出したあと、シェフのお言葉に甘えて、助手役を放り投げて、(睡眠とりすぎて準備が間に合わなかった)ティラミスー作りに入る相変わらず役立たずなワタクシ(苦笑)。



アンチョビソースの量はお好みで加減して、と思います。


3月のセコンドでも教室としては珍しくにんにくを取り除かずに食べて頂きましたが、免疫力アップににんにく、発酵食品でもあるアンチョビ、たっぷりのきゃべつ、抗酸化作用の高いオリーブオイル、身体のためにもとてもよいメニューです。


何も作りたくないくらい疲れてしまう日もあるだろうけど、ガスも水道も通っているうちはインスタントにはなるべく頼らずに、時間があるかたは料理をしてほしい。手作りでも簡単でおいしいメニューもたくさんあります。家にいる時間が必然的に長くなる、この機会に料理を楽しむ習慣を身につければ、段取りもよくなって、スキルアップが時短につながるし、と思うのですが…

お好みで、野菜と魚のパスタといえども、がつんとパンチをきかせることもできますよ〜。

La Cucina Oliva di TAMAO TANAKA

南青山で楽しく学ぶ、 おもてなしイタリア料理、西洋菓子、そして和食。 家庭のキッチンでレストランに負けない美味しさが生まれる とっておきのレシピを教えます。 いつものおかずがおもてなし料理に変わる、季節の和食のレッスンも! 日々の食事やおもてなしを、もっと美味しく。

0コメント

  • 1000 / 1000