代官山ファロ 樫村シェフの特別レッスンVol.3

3月の樫村シェフの特別レッスン、生徒さんにお借りした写真をまとめて載せておきます。記事は開催翌日に当初教室のFB頁にあげたのですが、長くなったからblogに残すことにしました。


楽しみにしていた企画でしたが、のんきな気持ちで開催したわけではなくて、暫くは皆さんとこんなふうにレッスンでお会いできないかもしれないな、と思いつつ準備を進めていました。


***

代官山ファロの樫村シェフに貴重な休日にいらして頂いて、出張料理教室をして頂きました。当日までの体調管理や当日の移動の間も気をつけて参加してくださった生徒の皆さんも、笑顔たくさんで思い出深い一日になりましたね。


豊洲から、「なる早で」とお願いしたから、いつもの三代目ではなく早い便のお父さんの配達で、「2キロ出ても」どころか2.8キロ!、3キロ近い鰆が届いて。今朝はまず、「間に合いましたか?」と息を切らして配達してくださったお父さんへの感謝もこめて、「ものすごくおいしい鰆で、立派な切り身が出せて、生徒さんもお喜びでした」とメッセすると、「ありがとうございます!」と三代目。


アオモノも山菜を火曜に買うのは気がすすまなかったので、当日の朝届いたものを洗ったり掃除しました。出入りの業者さんはもともと西洋野菜が専門でよそからひいてもらうので、「値段は高くなっても構わないので良い野菜をお願いします。白アスパラもその日に一番コンディションがよいもので」としつこく担当さんに念を押して、ぴかぴかのうるい、蕾も青くきれいなふきのとうが届きました。ごまかしの効かないシンプルなイタリア料理だけに、仕入れ先の皆さんの協力あっての料理教室です。


オオモノは魚やさんにおろしてもらうとはいえ、レッスンスタートしてから届く鰆を切り身にして骨を抜くだけでも私にはひと仕事が予想されたし、必要以上にシェフをバタバタさせるのも申し訳なく、朝のぶんの鰯は紀ノ国屋さんにその日の仕入れでおろしておいてもらうよう予約したのですが、9時半ピックアップでは(おろすのがお店的に)間に合わないということで、結局は生徒さんにピックアップをお願いして本当に助かりました。


紙袋や保冷剤の寄付も、お荷物ですのに、いつもありがとうございます。ファロのソムリエ、鶴間さんが選んでくれたおいしいワインもたくさん楽しんでくださってよかったです。


何より感謝すべきはカッシーなのですが、今朝もお礼を伝えたところ、「楽しんでいただけて嬉しいです」と。レッスンの合間にも、週末のお店の予約状況のキャンセルをチェックされていましたが、お店の営業に関してのシェフの個人的な想いにも共感しました。


私も今日も残った材料でおいしい食事を楽しみました。身体は食べたものでできているわけなので、週末はお家で美味しい料理を作って楽しんでくださいね。

***


とこんな感じで。

La Cucina Oliva di TAMAO TANAKA

南青山で楽しく学ぶ、 おもてなしイタリア料理、西洋菓子、そして和食。 家庭のキッチンでレストランに負けない美味しさが生まれる とっておきのレシピを教えます。 いつものおかずがおもてなし料理に変わる、季節の和食のレッスンも! 日々の食事やおもてなしを、もっと美味しく。

0コメント

  • 1000 / 1000