毎週火曜日は仕入れの日、そして掃除と音楽、ヨンフン君

レッスンがない週はだいたい火曜を生鮮の仕入れの日にしています。週明け月曜は業者さんもバタバタしているだろうし、なんとなくルーティンを決めておいたほうが自分にとってもよいので。試作用の食材のほかに普段のご飯=個人買いぶんも含めて。


うちの冷蔵庫は大抵がらがらですが、野菜室は常に満員。それでも野菜は足りなくなるから紀ノ国屋で買うけれど、本当に物価が高いエリアなので今やほぼほぼ業者さん頼みです。豊洲が安いというわけでもないけれど、長年のお付き合いで、時には少しでも気持ちよく配達してもらえるのは本当に助かります。常に担当さんとコミュニケーションをとることで仕事がしやすくなるし。


旬の野菜のコンディションや新しい野菜の情報なんかも知ることができて、教室のメニューに反映できます。

珍しいもの、新しい野菜やフルーツを教えてもらうとすぐ使ってみたくなるタイプ。


サフラン入れたフレーグラに飾るために噂に聞いて「食用クロッカスの花」をお願いしたときには、「まだ市場にそんなに出回っていないものなので、たぶん田中さんが東京で初めて使うんじゃないですか」と笑われましたが、たまにサンプルで新しい野菜をのせてくれるのだけど、昨日は可愛いエディブルフラワーが届きました。


先月辺りからすでに大口のホテルなどへの配送が激減し、配送の業者さんたちも本当に暇そうです。今やますます大変な状況だと思うのですが、そんな時にサンプルを頂いて、なんか自分にもできることで頑張らないとなぁ、と。


とても小さいエディブルフラワー、可愛い。ぱっと見たときはマイクロハーブ系なのかと思いました。

レッスン週だったら、いろいろ使えたのですが〜

食べきれないと思って、ちょっとグラスに飾ることにして、残りは冷蔵保存。花をザルに入れてほそーく水を流してやさしく洗い、軽く水気をきったらキッチンペーパーに包んでタッパー、エディブルフラワーはこれが一番長持ちしますね。

必須の食べ物、卵。サルモネラ菌フリーです。

トマトマニアとしてはいつもその時期一番おいしいトマトを探している。

仕事の週なら中問屋さんでフルーツトマトとか、プチトマトももう少し大きいロットで買うのですが、今は仕事ができないのでそんなには買えない。でも、先週もらったこの愛知のプチトマトおいしかった。プチトマトは和歌山が優秀と思ってきたけど、追熟させずとも味が濃い。

常にきのこは炒めものにでもなんでもいれる。


そして、最近の常備野菜、生木耳。

白アスパラと香菜、菜の花。パクチーもだいたい常に家にある。

久しぶりにベトナムご飯でも作ろうと考えてのレモングラス。

一年中あるとはいえ、オカヒジキもまた旬を迎えて。これは新鮮なうちにさっと茹でて保存するほうがよいようです。リコッタと和えようか、少し和辛子を溶いた酢醤油で食べようか。

パクチーの根っこは別にして。根元を少し切った他の野菜たちも水をはったボウルでしばし休ませ、元気にして。アスパラは生で保存しますが、ピーラーで薄く皮もひいてしまい、根元にお花みたいに水で濡らしたキッチンペーパーを巻いて、全体もキッチンペーパーで巻いて、ビニールに入れて牛乳の隣にたたせておく。

茹で上がったオカヒジキ。忙しいときには、きくらげとオカヒジキは罪悪感のない夜食でもあり、働く女子の友人のぶんも買っておきました。

すべてタッパーに。

で、掃除を終えるといつになく早い時間に中問屋さんが…冷凍食品もあったから受け取りにでるつもりでインターホン越しに見るといつもの人と違う。午前クラスの皆さんにはお馴染みのTのHさんが、(このコロナ騒ぎで暇すぎて、シフトが変わったらしく)!びっくりしすぎて「わ〜、Hさん、生きてたんですね〜」なんてよくわからないことを言いつつ、至近距離なのに皇室のかたのように小さく手を振ってしまいました(笑)。「お久しぶりです。しばらくまたこの辺担当すると思うんで」と4年ぶりに…


まだ出勤がある友人と(通勤路途中でもあるので)夕飯を一緒にとる約束をしていたけれど、朝まだパジャマのうちに魚やさんがきて、アオモノも早く届き、一週間ぶんの野菜の処理をしていたので、お化粧もしていなくてほんと〜〜にボロボロのジーンズと友人に会うまでエプロン代わりで着て捨てようと思っていたトップス(冬物入れ替えの時期でもあるので〜)、そして髪は寝癖もついたまま。


ユーミンの歌の如しだなぁ、と。まぁ、私の場合は普段もスッピンに作業着が多く、「今日に限って〜」というわけでもないのですが、コロナじゃなくても生存確認のようにほぼ毎日メールしているSにあとで伝えようと、思わず自分のボロっぷりをパチリ!

今年から花粉もどき発症中なので1人の時はこんなに盛大に窓を開けてはいけないんですよね、きっと。でも、英国人じゃないけれどフレッシュエアが好きです。

ヴォンゴレ2020はズッキーニ入り、そしてせっかくなので頂いたエディブルフラワーを散らしてみました。


夜の照明ではiPhone写真は本当に難しくて、「目で見るとこんなに美味しそうなのにね」と励まされた。「でも、思い出に。記念になるから」とも言ってくれたので残しておきます。

海老フライ。天使の海老は臭くないし、頭ごと食べられるように揚げました。タルタル、本当の試作にまで至れなくて。


きのこのつきだし、ヴォンゴレ、海老、これだけでも人を招く。そういうものですよね!

***

さてさて、もうここからは料理ネタはないので、読まなくても大丈夫です。


相当遅れてきたKポップファンとして、周囲に毎回説明するときに動画を探すのが大変なので〜〜公私混同。


始まりはシャイニーでした。私はモデルの八木アリサちゃんのファンでして、それがキッカケで随分前にシャイニーを聞くようになった。特に掃除をするときにはもうシャイニーのeverybodyに限ります。


東京ドームのオープニング。この窮屈そうな衣装でこれだけ踊って、この歌唱力…一度くらいはライブをみてみたいと思わせる。ただ、私の年齢では仕事以外でこんなに多くの人とずっと立っているとか、ちょっともう無理ですかねぇ。



本来100%洋楽派、シャイニーを掃除でかけるくらいでしたが、BTSが世界を制覇しはじめて、売れるものには一応きっと意味があると思っているから、なんとなくスポティファイでいろいろ聞き始めて。



韓国のグループはみな、大抵の曲を日本語バージョンで歌っていることすら知らなかったので、この営業努力がすごいなぁってもうびっくりして。



豪雨の中の伝説のライブ。こんな中でマイクつけてたら感電しますからもちろん口パクですが、この雨の中ヒールでこの衣装着てこれだけ踊って…


で、これを見てからだと少しばかりヨンフン君はかすんでしまうかもしれないけれど、踊りをみてもらうのが布教活動には一番なので〜。




最初の頃は、「チョン・ヨンフン君のファンになることにした」というと、「チョ・ヨンピル?」と聞き返す人が多かったというのに、最近ではきゃさんも「ヨンフン君」と名前をちゃんと覚えてくれて日々(うそです。週に一回くらい)布教したかいがありました(笑)。




うちは圧倒的に男性が多い家系なので、男の子しか産まれないだろうなぁというのも個人的に出産には後ろ向きだった理由なのですが、「ヨンフン君みたいに少しばかばかしい、ダンスの上手い男の子がいたら楽しかったろうな」とつぶやくと、「隔世遺伝だから、男の子だったら、お父さんみたいに真面目でキッチリとした子だと思うので残念ながら馬鹿馬鹿しいダンスの上手な子供にはならんよ~」とビシッと指摘された。


ばかばかしいというのは語弊があるかもだけど、かっこよいうえに面白いって素晴らしいですよね。今日もなにげに仕事っぽいことでバタバタしつつ頭を使ったので、現実逃避で、blog後半は本当に個人的な、周囲の皆様へのヨンフン君布教活動で終わります。

「ダンスがすごいのはわかったよ。でも、これ見てもヨンフン君の魅力は私にはよくわからない」と、夕飯を終えてユーチューブを見た友人の率直な感想、ごもっとも。





La Cucina Oliva di TAMAO TANAKA

南青山で楽しく学ぶ、 おもてなしイタリア料理、西洋菓子、そして和食。 家庭のキッチンでレストランに負けない美味しさが生まれる とっておきのレシピを教えます。 いつものおかずがおもてなし料理に変わる、季節の和食のレッスンも! 日々の食事やおもてなしを、もっと美味しく。

0コメント

  • 1000 / 1000