8月のイタリア料理教室の料理写真と単回参加の募集のご案内

8月のイタリア料理教室のスターターは、「魚介のセビーチェ風マリネ」。

毎年夏には「夏の教室」で、タイ、韓国、ヴェトナム、中近東などなど、旅先で出会った味をいろいろ教えてきましたが、今年は後半にベトナム料理と家庭中華、2つの「お家ダイニング」をするだけなので、イタリアンのコースに少し変化球を混ぜてみました。


蒸し暑い日本の夏にはスパイシーな料理も美味しいですよね。今や料理の世界もボーダレスですし、ライムをきかせた「セビーチェ」、簡単に作れるわりにびっくりするほどそれらしい本場の味わい(しかも日本は鮮魚のコンディションがよいですし!)。


オリーブオイルは使わず(本場では少しだけ仕上げにかけることもある)さっぱり仕上げる代わりに、エクストラヴェルジネたっぷり塗って焼いたクロスティーニを添えて召し上がって頂きますね。


いろいろ不安の多い時期ですが、教室では新型コロナウイルス感染症 (COVID-19)に感染防止のために、ご参加の生徒の皆様にもご協力頂いています。

***

各クラス基本は4名に定員を減らし、テーブルではなくスペースをとってのカウンターでのご試食です(レギュラークラスの方のお振替がある場合5名まで承りますが、席の間隔は広めに設けます)。講師の私はフェイスシールドまたはマスクを着用して教えます。常に教室内はクリーンな状態を保つよう気をつけてお迎えし、飛沫感染防止に最大の注意を払っておりますので、ご参加の生徒の皆様にもダイニングに入室前の手洗いとアルコール消毒、デモンストレーションの間のマスク着用など、ご協力をお願いしています。

***

そもそも一人分ずつサーヴィスするコース料理ですので、ご試食の皿の取り分けは一切ございませんが、こまめに手先の消毒もできるようカウンターに2箇所消毒スプレーのご用意もしております。また、洗面所に新しいマスクのご用意がございますので、教室にいらっしゃるまでに長い時間外にいらしたかたはダイニングに入る前に交換して頂くようお願いします。


今月は下記クラスで各一名様、単回参加も募集しています。お申込み方法などの詳しいご案内はリンク先をご参照くださいませ。


8月5日(水)18時半〜

8月6日(木)11時半〜

8月8日(土)17時〜 (予備11時半〜)

「焼きとうもろこしと青唐辛子のペペロンチーノ」、辛いものが苦手な方には青唐辛子抜きでご用意します。★焼きトウモロコシ、いろいろ応用できるよう、私が普段炊いている「焼きトウモロコシご飯」のレシピもおまけで差し上げます。

「青森バルバリーのグリリア サルサヴェルデを添えて」。


復習は鶏肉でもおいしい組み合わせです。疲労回復に鶏むね肉以上に効果のある鴨の胸肉をジューシーに焼き上げるコツを紹介して、セコンドらしくしっかりしたポーションで召し上がって頂きます。鴨の下処理も久しぶりに復習しましょうね。

食後のドルチェは「スイカのグラニテ」でさっぱりと!



La Cucina Oliva di TAMAO TANAKA

南青山で楽しく学ぶ、 おもてなしイタリア料理、西洋菓子、そして和食。 家庭のキッチンでレストランに負けない美味しさが生まれる とっておきのレシピを教えます。 いつものおかずがおもてなし料理に変わる、季節の和食のレッスンも! 日々の食事やおもてなしを、もっと美味しく。

0コメント

  • 1000 / 1000