tamaotanaka

記事一覧(162)

7月のイタリア料理教室のセコンド ピアット「赤鶏さつまのプーリア風」

今月はプーリア料理を中心にメニューを組みましたが、セコンド・ピアットに選んだのは、「鶏のプーリア風 Pollo alla pugliese」、バットの中で材料をマリネして、オーブンがあればそのまま焼くだけ!もちろんフライパンでも復習して頂けますが、オーブン料理はずっと火のそばにいなくても完成するので意外と夏も便利なもの。プーリアには馬肉を食べる文化があり、また南イタリアらしく、並んで食べられている食肉は羊や豚かな、と思います。仔牛を好む北の文化とは歴史が違う。ラムを使ったプーリア料理は何度か教えていますので、赤鶏さつまを紹介したかったこともあり、「鶏のセコンドでいいのがないかしら?」とイタリアーナの友人にも相談して、ヒントをもらって決めました。彼女のオススメは「in umido 」、同じ材料をお鍋で煮込むプーリア風、それも魅力でしたけど、煮込みでおいしくなるのはソースのほうだから、鶏肉の味をストレートに味わってもらうために、アッローストと煮込みの中間くらいのリチェッタで本場の味をお届けしますね。素朴な郷土料理だけれど、イタリアらしい華やかさもあって、付け合わせ(コントルノ)とメインの料理が一緒にできるから、おもてなしにも是非!

7月のイタリア料理教室 追加募集のお知らせ

7月のレッスンの下記クラスで会員以外のかたのご参加を若干名受け付けております。ご入会前に、また単回参加で教室にいらしてみたいという方にも気軽にご参加頂けます。イタリア料理研究科では、日本の食材を含めて季節の食材を使った前菜~ドルチェまで5~6品のコース料理の作り方をデモンストレーション形式でご紹介しています。今月はプーリア料理をとりあげます。スターターは茄子を使った前菜2品、プリモは乾燥そら豆のピュレを添えたカナダ産ムール貝ソースの手打ちパスタ、セコンドはバットひとつでできあがる「鶏のブーリア風」、ドルチェには九龍球のアレンジで、ひんやりつるっとしたドルチェをご用意しますね。メニューの詳細はBlogやFB頁をご参照頂くか、「CONTACT」からお問い合わせください。アレルギーや苦手な食材に関してもできる限りご相談にのりますので、予めご相談くださいませ。イタリア料理教室(研究科)火曜クラス(19時~) 7月10日  1名様木曜クラス(11時半~)7月12日  1名様金曜クラス(11時半〜)7月13日  2名様金曜クラス(19時半〜)7月13日  2名様現在、9月スタートの土曜日クラス(12時〜)のレギュラーメンバー募集中です。★受講料=イタリア料理研究科=11000円。二回目以降の単回参加は12000円ですが、夏の間は酷暑お見舞いで11000円とさせていただきます。★レッスン時間=平日クラスは昼2時間半、夜2時間を目安にご予定なさって下さい。★頂いたメールには必ず返信を差し上げております。2~3日経ちましても返信がない場合は、お手数ですが再度お問い合わせくださいますようお願いいたします。★4名様以上のお集りであれば、別日程での同メニューのセミプライベート・レッスンも承ります。尚、体験レッスン当日のこちらからの入会の勧誘などは一切ございません。